視力回復は歯を移植する方法も

視力回復は歯を移植する方法も

まだまだ知られていませんが、自分の歯を眼に移植することによって視力回復ができると言われています。失明してしまった人が、歯を眼に移植することによって視力回復したというニュースをご存知の方もいるでしょうが、それだけ世界中の人が驚いた出来事でしょう。

詳しい手術方法ですが、目の眼球孔に対して歯を移植するものです。しかし、簡単に実践できるわけではなく、歯に光学レンズをはめ込み、歯とレンズが結合するまでしばらく放置する必要があります。そして、結合した後に目に移植する方法になりますので、時間は掛かります。また、手軽に実践できるわけではなく、世界中でも例は少ないですから、一般的な視力回復方法ではありません。両目が失明した人が、視力回復の望みをかけて手術を行い、成功した例があるという話なのです。ニュースにもなっているほどですから、残念ながらそのような方法を実践したいと思っても難しいでしょうし、お金も掛かります。あくまで失明した場合に改善する方法として利用されたことがあるだけですから、現代ではそのような方法もあるということを把握しておくと良いでしょう。