視力回復は強度近視の人でも可能です

視力回復は強度近視の人でも可能です

強度近視の人は、視力回復が出来ないだろうと諦めているかもしれません。確かに、強度近視の場合は効果が期待できるレーシックでさえも、手術を断られてしまうことがあると言われています。しかし、強度近視の人でも実践することが出来る方法はありますので、諦めるのはまだ早いと言えます。

強度近視の場合は、驚異的に視力が回復するとは言えません。残念ながら、裸眼で生活するまでには回復しない可能性もあります。しかし、トレーニングなどを実践することで、たとえば0.2から0.4になる可能性はありますので、少しでも視力回復が出来るように努めることは大切です。そのまま放置すれば、更に視力が低下してしまう可能性もありますので、更に日常生活に支障をきたすようになるでしょう。

強度近視に効果的な目の体操やトレーニングといった方法もありますので、まずはそのような方法を試してみましょう。それでも効果が実感出来ないようであれば、フェイキックIOLという方法もあります。これは、目の中にレンズを入れて、視力を矯正する方法なのです。これは手術になりますので、まずはトレーニングなどを実践してから効果が無い場合にこのような方法も検討してみると良いと思います。