視力回復における近視の進行の仕方

視力回復における近視の進行の仕方

「近視(平行光線が網膜の前方で像を結ぶため、遠い所がよく見えない状態であり、またその目自体を指し、水晶体の屈折力が強すぎるか、網膜までの距離が長すぎるために起こり、凹レンズで矯正が可能)」の進行は、2段階に分けることが出来ます。視力回復センターによるデータの傾向を単純に解釈すると、0・1以下の人の場合、視力の回復は絶望的だということになってしまいました。しかしながらも、近視の進行程度によって、完治するかしないかの違いが出てくる原因には、「角膜(眼球の前面を覆う透明な膜であり、後方につながる強膜とともに眼球壁をなし、後面は前眼房に接している膜)」の形状変形が、大きいか小さいかによるものだと考えられています。軽度の近視の場合には、角膜に変形が少ないことに対して、度が進行してしまうと、角膜の形状変形が進むという、この2段階によって、近視が進行することが分かっています。具体的な例としては、近視が進行すると、「乱視(目の角膜や水晶体などが球面となっていないため、光線が網膜上の一点に集まって像を結ぶことのできない状態)」も併発するということをよく聞きます。これは、近視の進行によって、角膜の形状変形が起きているという証です。