視力回復に速読の効果をご存知ですか

視力回復に速読の効果をご存知ですか

視力、特に「近視(平行光線が網膜の前方で像を結ぶため、遠い所がよく見えない状態であり、またその目自体を指し、水晶体の屈折力が強すぎるか、網膜までの距離が長すぎるために起こり、凹レンズで矯正が可能)」の回復には、「速読(本などを普通よりも速く読むこと)」が効く、という説があります。この速読には、独特な2種類の訓練方法があります。1つめは、「凝視訓練(一点を見る訓練・注視訓練)」です。そして2つめが、「視点移動訓練(交差移動・上下移動・左右移動・連続移動等)」になります。「凝視(目をこらして見つめること)」訓練が一体どういうものなのかというと、簡単に説明すると、一点を集中して見る訓練になります。中心点を集中して見ることによって、中心点の周りに描かれた円が消えるというものです。そして、一点を「注視(注意深くじっと見ること)」する目の使い方を訓練することが、注視訓練になります。この方法は、視力回復の最も初歩的であり、なおかつ基本的な訓練方法だとも言えるでしょう。