視力回復は片目でも実践できる?

視力回復は片目でも実践できる?

一般的には、両方の目が視力低下するものですが、稀に片目だけ視力低下することもあります。たとえば、飛蚊症などは片目だけに生じることも珍しくありません。

コンタクトレンズを利用する際は、片目だけ装着すれば良いですし、メガネの場合も片方のレンズだけ度を入れれば良いですが、出来れば裸眼で過ごせるようになりたいものでしょう。そのような時に、片目だけ視力回復する方法もありますので、実践してみると良いでしょう。

自宅で実践できる方法としては、視力が低下している方の目だけで色々な物を見るようにするのです。両方の目で見てしまうと、視力が良い方の目ばかりを無意識のうちに使ってしまいます。そうすると、視力が良い方の目まで視力が低下することも珍しくありません。しかし、視力が低い方の目だけで過ごすようにすると、なんとかピントを合わせようと努力するため、効果が期待出来ます。

毎日自宅でこのような過ごし方をすると、徐々に視力回復が出来る可能性があります。目の周辺の筋肉に働きかけることが出来ますので、チャレンジしてみて下さい。