視力を回復させるために気を付けること2

視力を回復させるために気を付けること2

目には、全身を流れる血液が同じように使われています。だからこそ、血液の状態や質自体を良くすることが、視力回復に繋がり、様々な眼病予防になるわけです。そのためにも、まずは全身の「血液循環(心臓の収縮が原動力となり、全身を循環することで、血液が血管を通り一定の方向に巡り流れること)」を良くすることに気を付けましょう。血液循環を良くするためには、血液をさらさらの状態に保つことが、第1に必要になってきます。それに加えて、心肺(心臓と肺臓)機能と、第2の心臓と呼ばれる足の筋肉の作用もまた、重要になってきます。心肺機能が強くなることによって、心臓が勢いよく血液を送り出すことが可能になってきます。これにより、肺が酸素を取り込む量も、自然と増えていくはずです。そして、足の筋肉が増えると、静脈(末梢の毛細血管網から血液を心臓に向けて送る血管)血の心臓への戻りが促されるのです。その他に気を付けることは、水分補給や食べ過ぎ防止など、食事面での工夫も不可欠だと言えるでしょう。