視力を回復させるために気を付けること1

視力を回復させるために気を付けること1

私たちの全身の「血液循環(血液が血管を通り一定の方向に巡り流れることを指し、心臓の収縮が原動力となって、全身を循環すること。具体的には、大循環である体循環と、小循環である肺循環とに分けられている)」は、実は目に大きな影響を与えています。「心臓(収縮と拡張を交互に繰り返し、静脈から戻ってくる血液を動脈に押し出し、全身に送るポンプの働きをする、血液循環において原動力となる器官)」から目だけに流れる、専用の血液は存在しません。全身を流れている血液が、そのまま目の中にも流れていき、使われていくのです。つまり、視力を回復させるためには、目の中を流れている血液の質を良くすることが大切なのです。よく、血液の表現として、「どろどろ」や「さらさら」といった擬音語が聞かれてます。血をどろどろの状態に放置しておくことなく、さらさらな血液にする努力が大切なのです。こうした全身への心掛けが出来るようになることで、目に関する様々な病気を防ぐことにも繋がるわけです。