視力回復コンタクトレンズを知る

視力回復コンタクトレンズを知る

今話題の、「視力回復コンタクトレンズ」とは、通常のコンタクトレンズとは異なり、日中に裸眼で過ごせるという、画期的な治療方法になっています。この視力回復コンタクトレンズを使った治療法のことを、「オルソケラトロジー」と呼んでいます。一般的なコンタクトレンズの場合、日中に装用して視力を矯正することになります。しかしながらも、視力回復コンタクト、オルソケラトロジーは、その反対に作用するわけです。寝ている間に、特殊なコンタクトレンズを装用することによって、日中はレンズを外すことになります。だからこそ、あたかも視力が回復したかのような気分にも浸れるわけです。この視力回復コンタクトレンズによって、実は「仮性近視」が治ることが証明されています。日中は空気中から酸素を充分に目に取り込めることから、目が酸素不足を生じにくい治療方法だとも言えるでしょう。視力回復コンタクトレンズであるオルソケラトロジーは、通常のコンタクトレンズの仲間というよりも、どちらかというと「レーシック手術」に近い矯正方法になります。