視力回復コンタクトレンズを効果的に使うために3

視力回復コンタクトレンズを効果的に使うために3

視力を回復させるために、「レーシック手術」を考えている人はいませんか。レーシック手術は、屈折矯正手術の1つになります。レーザーで角膜の表面をめくり、内部を削って屈折率を調整し、表面を元に戻すことを主としています。近視、遠視、乱視の矯正に効果があると言われています。このレーシック手術を受けるか迷っている人の場合、レーシックよりも安全なこの「オルソケラトロジー」を1度試してみて下さい。オルソケラトロジーは、日本語では、「角膜矯正療法」と表記します。レーシック手術では、角膜にレーザーを当てて凹レンズ型に矯正していきますが、オルソケラトロジーの場合、手術はしません。角膜に切り込みを入れたり、レーザーを当てたりなどがないので、大変安全な治療方法だと考えられています。それでもやはり、視力回復コンタクトレンズの使用を止めると、視力が前のものに戻ってしまうのが不便だと感じたら、その時初めて、レーシックという選択肢を視野にいれてみるのが良いかもしれません。