コンタクトで視力を回復する?3

コンタクトで視力を回復する?3

視力回復コンタクトの使い方は、とても簡単です。通常のハードコンタクトレンズと、ほとんど変わらないと言われています。通常のコンタクトレンズを扱える人であれば、普通に扱えるようにあるでしょう。だからこそ、7歳~65歳までという非常に幅広い年代層に親しまれているのです。視力回復コンタクトは、子供の仮性近視だけでなく、学校近視の治療にも良いと考えられています。小学校の高学年ぐらいになると、自分一人だけで視力回復コンタクトを扱えるようになるはずです。しかしながらも、やはりデメリットは存在します。基本的にはハードコンタクトレンズの形態を取っているため、レンズケアがなかなか面倒であることに加えて、寝る前にコンタクトレンズを付けておかないと、昼間の視力が元にすぐに戻ってきてしまうことが挙げられます。オルソケラトロジーの場合、強度近視や重度の乱視の人には使えないこともあるそうです。現在では、「オサート」という新しい技術で対応されています。