視力回復コンタクトは東レも発売開始

視力回復コンタクトは東レも発売開始

視力回復コンタクトにはいくつかの種類があります。最近では東レがブレスオーコレクトという視力回復コンタクトを発売したことが話題になりました。これは、オルソケラトロジーなどと同じく、就寝中に装着しておくことにより、視力が回復するというものです。治療を2週間ほど継続した場合、2日ほどは裸眼の状態で過ごすことができると言われています。視力をそのまま維持するためには、毎日夜は視力回復コンタクトを装着する必要がありますが、日中は裸眼で生活できるようになるという特徴があります。

保険は適用外となるため、全て自費となります。初期費用は20万円から30万円と言われていますので、それだけの費用が掛かることを把握しておかなければなりません。しかし、少しでも早く裸眼で生活できるようになりたいと望む方は多いでしょうから、治療が2週間ほどで視力が回復するということを考えると、人気が高まっている理由も分かるでしょう。純国産の商品になりますので、日本人にとっては安心して使用できると思います。また、厚生労働省からも認定されているレンズですので、その点も安心感に繋がるでしょう。