視力回復コンタクトのデメリットとは

視力回復コンタクトのデメリットとは

視力回復コンタクトは、リスクも低く実践しやすいというメリットがあります。その反面、デメリットもありますのできちんとデメリットも把握しておく必要があります。

たとえば、ドライアイや角膜炎、結膜炎の方には向いていません。また、寝ている間はずっと装着している必要がありますので、角膜炎や結膜炎になる可能性があるのです。また、強度の近視の場合には使用したとしても視力が回復しない可能性もあります。強度の近視の方は、最初に眼科で視力回復効果が得られない可能性があることを伝えられると思いますが、その場合は別の方法を検討した方が良いかもしれません。

また、毎日使用しなくてはならないというデメリットもあります。装着するだけで良いと思う人もいれば、毎日装着するだけでも面倒だと感じる方もいるでしょう。メリットしかないという方法はなかなか無いかもしれませんが、視力回復コンタクトの場合はこのようなデメリットがありますので、考えてみてください。