コンタクトレンズの正しい知識3

コンタクトレンズの正しい知識3

現在までにコンタクトレンズの種類は、2つに分けることが出来ます。まずは、含有水分(成分として含まれている水の量)が少なく、硬い材質で作るコンタクトレンズである「ハードレンズ」です。酸素透過(光や放射線などが物体の内部を通り抜けること)性、酸素非透過性とがあります。そして、含水率が高い材料で作るコンタクトレンズである「ソフトレンズ」になります。この酸素を通さないレンズを長時間使用していると、目に酸素が行き届かなくなるわけです。目に酸素が少なくなると、眼球の前面を覆う透明な膜である角膜の内側にある細胞が、障害を起こす可能性があるのです。ソフトレンズは乾燥してしまうことによって、黒目に何らかのトラブルを起こしてしまう可能性が含まれています。だからこそ、長時間の使用でレンズが乾いてしまった時には、必ず目薬を頻繁に使用することをお勧めします。乾燥を防いで、正しいコンタクトレンズの知識を持って、快適な生活を送って下さい。