視力における眼鏡の善し悪し1

視力における眼鏡の善し悪し1

もし視力が低下した場合、その矯正のアイテムとして、主として用いられるものは「眼鏡」か「コンタクトレンズ」になるでしょう。眼鏡は、近視・遠視・乱視などの視力を調整したり、強い光線から目を保護したりするために用いる、凹や凸レンズ、さらには色ガラスなどを使った器具になります。がんきょう、とも呼ばれることがあります。コンタクトレンズは、眼鏡の代わりに、目の角膜(眼球の前面を覆う透明な膜で、後方につながる強膜とともに眼球壁をなしており、後面は前眼房に接する)の上に涙の表面張力(分子間の引力によって、表面の分子が内部から引かれるために起こる、液体に働く、その表面積を出来るだけ小さくしようとする力)で密着させて、視力を矯正するレンズです。材質によって、ハードコンタクトレンズとソフトコンタクトレンズに分けることが出来ます。略称にコンタクト、CLなどがあります。眼鏡だけを使用されている人、コンタクトレンズだけを使用されている人、もしくは併用されている人も中には存在するほど、この2つはメジャーな矯正器具になっています。