片目だけの視力低下?

片目だけの視力低下?

視力検査をした際に気になる所は、両方の視力の数値の違いではないでしょうか。なぜ同じように目を使っているにも関わらず、右目と左目では視力に違いが出るのでしょうか。たとえ左右の視力が違っているとしても、ほとんどの人がその原因にまで気を配ることはないかもしれません。実は意外と知られていないのが、片目だけ視力が低下してしまう原因なのです。具体的には、テレビを観たり、本を読んだりする時に、どのような姿勢を取っているかによります。寝転がっていることも多いはずです。しかしながらも、寝転がってテレビを観たり、本を読んだりすることによって、左右の目で見ている媒体との距離感が少なからず開いていくのです。この距離感が、左右の目に差を生じさせるのです。結果的に、視力検査にも違いが現れます。片方の目に負担を掛けることは、余計に視力を低下させる原因になるのです。問題は、視力の良い方の目にも負担が掛かるということです。負担を掛ければ掛けるほど、良い方の目の視力も低下してしまうわけです。眼鏡やコンタクトなどの矯正器具を使用することになるでしょう。テレビや本を寝転がって見ることは、人によっては至福の時です。しかしながらも、目のことを考えた場合、その姿勢を改める必要があるでしょう。