酸素不足と視力低下の関係

酸素不足と視力低下の関係

目にとって酸素は必要不可欠なものなのです。もし、目に必要な酸素が不足してしまうとどうなるかというと、角膜にある角膜内皮細胞が死んでしまうとも言われています。細胞が全て死滅してしまえば、最悪の場合は失明するとも言われていますので、それだけ酸素は目にとって必要なものだと言えます。

細胞が死滅することにより、眼球の水分が角膜に侵入し、目を濁らせてしまうと言われています。様々なデメリットがありますので、きちんと酸素を行き届かせるようにしなくてはなりません。

酸素を不足させてしまう原因の一つとしてコンタクトレンズがあります。コンタクトレンズの中には、酸素透過性のものもありますので、そのようなものを付ければ酸素不足も起こりにくいでしょうが、酸素透過性が低いものもありますので、そのようなものは避けた方が良いでしょう。

視力を矯正するためにコンタクトレンズは欠かせないものだと思いますが、きちんと目に酸素を行き届かせるためにも、他の方法を検討した方が良いかもしれません。また、コンタクトを利用するのであれば、装着時間を短くしたり、別の方法で酸素を補給したりして、酸素不足に陥らない様にしたいものです。