ワックを使った近視の視力回復方法

ワックを使った近視の視力回復方法

眼科で近視を治療する場合に用いられることがあるのがワックという器具です。これは、両眼視簡易検査器とも言われており、ワックを覗き込むと風景の画像などが映し出されます。それをしばらく眺めることによって近視を改善することができるそうです。

近視が改善すると言っても、すぐに裸眼で生活できるほど、大幅に視力がアップするわけではありません。遠くの風景を見ることは視力回復に繋がるとも言われていますが、それと同じような効果が得られると言われていますので、目を休めたり、筋肉をほぐす作用がある程度ということになります。

自宅で視力回復ができるわけではなく、眼科に通って定期的にワックを使用し続けることにより、視力回復効果が得られると言われています。また、目の検査をすることもできますので、手軽に視力回復をしたいという方には向いている方法かもしれません。但し、注意して頂きたいのは、眼科に通ってワックを使ったからと言って、すぐに視力回復が出来るわけでは無いということです。期待しすぎてしまうかもしれませんが、焦らずにゆっくりと効果が現れるのを待ちましょう。