老眼鏡の選び方に注意しましょう

老眼鏡の選び方に注意しましょう

老眼になると、文字が読みにくくなってしまうでしょうから、老眼鏡を作る方もいると思います。老眼鏡をかければ近くのものも良く見えるようになりますが、老眼鏡を使用する際や購入する際には注意した方が良いこともあります。使い方や選び方を間違ってしまうと、更に老眼を悪化させてしまうこともあるのです。

老眼というのは徐々に進行するものですから、最初から度を強くする方もいますが、度を強めてしまうとその分目も疲れやすくなり、更に視力が低下する可能性もあります。出来る限り目を休めることが大切ですから、自分の目に合った度数を選ぶ必要があります。

また、作った老眼鏡をずっと使うのではなく、2年に1度ぐらいは作りかえた方が良いのです。その時の自分の目に合ったものを使わなくてはなりませんので、度数が合わないものを使い続けていると先ほどと同じく目の疲れに繋がります。

市販のものでも良いですが、市販のものでは自分の視力に合ったものが見つかりにくいですから、できれば自分で1から作ることをおすすめします。また、一日中老眼鏡をかけるのはやめて、出来る限り裸眼の状態で物を見るようにすることが大切です。そうすることで、目の筋肉の衰えを防ぐことができますので、あまり眼鏡に頼り過ぎない様にしてください。