視力の低下は子供の環境が影響

視力の低下は子供の環境が影響

以前の子供たちは暑いときも、寒いときでも外で走り回って遊んでいるのが子供であるという印象が強かったと思います。
時代と共に生活環境が変化し、今では外で遊ぶことより室内で遊ぶ機会が多くなっているといいます。
そういう生活環境からの影響が小さな子供のころから眼鏡やコンタクトレンズをする子供が多くみられる原因のひとつと考えられています。
この原因をひとつに限定することは困難ですが、一番多いと考えられていることは家でのゲームといえるでしょう。
集中すると何時間もゲームに没頭し、食事やトイレにいくことを忘れてしまうほど没頭してしまう子供が多いようです。
特にポータブルゲーム機が広く普及し、手軽に、簡単にゲームに触れる機会が増大したことにより、常に目を酷使し続けることになっています。
また集中し、力が入ることで身体が緊張し、目、肩、腰にも悪影響が出てきます。
以前はあまり聞きなれなかったドライアイも集中し、まばたきの回数が極端に減少することで目が乾きやすくなる症状を言います。