目に紫外線が当たらないようにしましょう

目に紫外線が当たらないようにしましょう

紫外線は、視力低下に繋がることがあります。紫外線というのは、しみやくすみの原因になるとも言われていますので、女性は紫外線予防対策を行っている方も多いでしょう。それだけ紫外線は、お肌にとって良くないものですが、目も同様です。

目にも、様々な細胞や組織が存在していますが、紫外線が当たることによって、このような組織などの老化が早まってしまうことがあります。もちろん、短時間であればそこまで影響はありませんが、長時間紫外線に当たることが多い場合は、目も紫外線対策をした方が良いでしょう。

たとえば、サングラスでも紫外線を防ぐことができます。サングラスは、外見のために付けている方もいるでしょうが、目の保護の役割も果たすのです。UVカット効果のあるものもありますので、外に出る機会が多い方は、なるべくサングラスなどを付けて、紫外線を防ぐようにしましょう。

そして、目が乾燥するのを防ぐために、定期的に目薬などを差すことも効果的です。外でお仕事をしている方は、紫外線に当たること自体を防ぐのは難しいでしょうが、せめてこのような予防を行ってみてください。