高齢者に多い目の病気である加齢黄斑変性について

高齢者に多い目の病気である加齢黄斑変性について

高齢になるに従って、病気に罹ってしまう可能性は高まります。目の病気もいくつかありますが、その一つに、加齢黄斑変性というものがあります。加齢黄斑変性は、高齢者に多い目の病気であり、血中コレステロールが高い方や喫煙をしている方に多いと言われています。

この病気は、網膜の中心部分である黄斑が、変性してしまい、それによって視野が狭くなり、視力が低下するというものになります。視野が狭くなってきますから、自分でも気づきやすいでしょうが、早めに治療をすることが大切だと言われている病気です。徐々に視力が低下しますから、あまり危険性を感じないという方もいるようです。それによって、放置しがちですから、不安な症状があれば、一度受診するようにしましょう。

残念ながら、老化現象の一つですから、完治させることは難しいかもしれませんが、治療をすることによって、視力低下を防ぐことができます。場合によっては、レーザーを使用して治療をすることもあります。確かに、加齢によって視力が低下することもありますが、こういった病気の可能性もありますので、放置しないようにしたいものですね。