レーシックと花粉症について

レーシックと花粉症について

花粉症の方でも、レーシックを受けることは可能です。しかし、春など、花粉症の季節にレーシックを受けることは、断られる事があります。辛い季節だからこそ、レーシックを受けたいと思うでしょうが、レーシックを受けた後が問題なのです。レーシックを受けた後は、目を擦るなどの動作をしてはいけません。これは、視力が安定していませんし、作成したフラップが安定していないからです。万が一目を擦ってしまうと、視力が低下してしまう可能性がありますし、再手術しなければならないこともあります。しかし、花粉症の季節に、目が痒くても擦ることが出来ないというのは、辛いことですから、自分のためにも春にレーシックを受けることはやめた方が良いでしょう。

花粉症の方がレーシックを受けることによって、多くのメリットがあると言われています。裸眼で生活することにより、目が乾燥しにくくなりますので、涙によって花粉を洗い流す事も出来るでしょう。もちろん、完全に花粉症の症状がなくなるわけではありませんが、少しでも改善されるというのは、花粉症の方にとっては大きなメリットだと言えると思います。こういったことから、花粉症の方にもレーシックはおすすめです。