レーシックの合併症であるハロ現象とグレア現象

レーシックの合併症であるハロ現象とグレア現象

レーシックの手術を受けた後に、合併症が現れることもあります。合併症の一つに、ハロ現象やグレア現象というものもありますが、これは光の周囲がぼやけて見える症状や夜になるとライトが眩しく感じるといった症状の事を言います。このハロ現象やグレア現象はなぜ起こるのかというと、眼光の大きさとレーザーを照射する範囲に関係があります。レーザーを照射する範囲よりも眼孔が小さければ問題無いのですが、それ以上に眼孔が大きい場合は、レーザーが照射されない部分が出てきますので、こういった症状が現れるのです。

こういったハログレア現象が起こる方は多いと言われていますので、心配になる事もあるでしょうが、この現象はずっと続くわけではありません。多くの場合は、手術を受けてから半年から一年ほどで改善されると言われているため、少しの間の我慢だと思えば大丈夫なのではないでしょうか。夜、運転する時などに気を付ければ、日中はさほど影響は無いと思います。