乱視矯正のための手術

乱視矯正のための手術

乱視を矯正するための手術もあります。俗に「レーシック手術」といわれるレーザー治療という方法です。正式名称は「レーザー角膜屈折矯正手術」と言われています。
このレーザーでの治療方法は、近視の場合と同じです。目に直接レーザーを照射することによって角膜を削ります。そして、これによって変形した角膜が正常な形に戻って視力が回復するという仕組みです。
一方、乱視矯正手術としては、別に「ウェーブフロントレーシック」という方法もあります。そもそも人間の眼球に凹凸があるので、それが視力を左右する原因になる場合があります。ウェーブフロントレーシックでは、ウェーブフロントアナライザーという機器を使って患者それぞれの眼球の凹凸に関するデータを取って、それに合わせてエキシマレーザーを当てることによって、レーシック手術の精度をより高める、という方法です。ごくまれな手術ですが、最近、徐々に広がりつつあります。
いずれにせよ、レーザーでの治療方法は視力を回復するための手術になりますから、費用もかかりますし、合併症等のリスクも少なからずあります。また、劇的な効果を発揮できるかに個人差が出ることも。できるだけその手術経験の多い担当医、そして最新鋭の機器を備えた病院にかかりましょう。