視力低下の予防法

視力低下の予防法

視力が低下してしまう前に「予防」するのが、やはり視力回復の前に最もいいことです。今回、その予防法を紹介します。
人間の目に最もよくないといわれているのが、パソコンやテレビ、ゲーム機の長時間にわたる使用です。これらの機器の使用をできるだけ避けるようにしましょう。携帯電話、特にスマートフォンでも同様のことが言えます。ずっと画面ばかり見ているのではなくて、遠くを見る習慣もつけましょう。そうすると、視力の低下を防ぐことにもつながります。
また、視力は人間の食生活とも実は深い関係にあります。視力によいとされているのが「アントシアニン」という成分が含まれているブルーベリー、黒ゴマなどの食べ物です。これらの食べ物をできるだけ積極的に摂るようにすると視力の低下を防ぐのに効果があります。
さらに重要なのが座るときの姿勢。悪い姿勢でものを見ると視力の低下にとても影響を及ぼします。そのため、普段から姿勢をよくするように心がることが大事です。もちろん暗めの照明で字を読んだり書いたりすることも目にいいことではありません。また、極端に明るすぎるのも問題です。適度な明りの下で読み書きをすることを心がけていくことでも、視力の低下を予防するのに効果を発揮します。