Lasek(ラゼック)の視力回復に掛かる期間を把握しよう

Lasek(ラゼック)の視力回復に掛かる期間を把握しよう

最近、視力回復の手術方法として有名なレーシックだけでなく、Lasek(ラゼック)という方法に興味をお持ちの方も増えている様です。レーシックと似ており、手術によって視力回復を図るという方法なのですが、異なる点もあります。それは、フラップの作成方法です。

Lasek(ラゼック)の場合は、薬品によってフラップを作成しますが、レーシックの場合は電動メスを使用してフラップを作成するという特徴があります。眼球表面に薬品を点眼した後で少し時間を置き、角膜の上皮細胞だけを剥がしてフラップを作成するのです。想像すると怖いと感じるかもしれませんが、角膜上皮層というのは自然と再生しますので、そこまで不安に思う必要はありません。また、非常に薄いフラップが作成できる為、角膜が薄い人でも治療が受けられる可能性があります。

ただ、デメリットも挙げられます。角膜上皮細胞は再生するのですが、再生するには時間が掛かるため、その分視力回復にも少し時間が掛かると言われています。回復期間は、どうしてもレーシックに比べて長くなってしまいますし、痛みも感じやすいというデメリットがあります。また、両目を同時に手術することは難しい為、期間を空けて片目ずつ治療する事になるでしょう。なので、できるだけ短期間で視力回復をしたいという人は、一般的なレーシックの方が向いているかもしれません。

また、薬品を使用することに抵抗を感じる人が居るのも確かです。実際に、手術をした後に角膜が混濁してしまった人もいますし、手術後に気を付けなければいけないポイントも多いですから、慎重に選んだ方が良いでしょう。

確かに、視力回復トレーニングなどに比べて短期間で視力は回復するものの、やはりレーシックと同様に手術による視力回復方法ですし、ある程度のお金も掛かります。その点を理解した上で、自分に合った方法を選びましょう。