老眼鏡による視力回復方法で近視が防げる?

老眼鏡による視力回復方法で近視が防げる?

近視を予防・改善したいのなら、老眼鏡を使用するのが良いという噂もあります。加齢によって目が衰えてきた時に老眼鏡を使用するものだと思いますが、近視にも効果的だと言われています。

目というのは、近くを見る時に毛様体筋という目の周辺にある筋肉が緊張状態になり、水晶体が厚くなる事によってピントが合うという仕組みです。しかし、近くを見続けることによって目が疲れてしまい、視力が低下して近視になる事があります。

その時に老眼鏡を使用すると、老眼鏡のレンズが水晶体の役割を果たしてくれますので、近くにピントが合いやすくなるのです。また、老眼鏡を使用することによって毛様体筋という部分も使う事も少なくなりますので、眼精疲労が発生しづらいというメリットも得られます。

ただ、老眼ではない人が老眼鏡を使い続けるのは良くありません。もし使用するのであれば、トレーニング代わりに一日に短時間だけ使用することをオススメします。また、人によっては向かない事もありますので、もし効果が実感しづらかったり、何か目に違和感を覚えた場合は、老眼鏡を使用するのは避けた方が良いでしょう。

また、この方法は目が疲れやすい人に向いています。近くで物を見ることが多い人、たとえば検査の仕事であったり、パソコンを頻繁に使用する仕事に就いている人に向いているのではないでしょうか。また、自分が本当に近視なのかという点にも注目した方が良いでしょう。結局、近視で無ければ視力は回復しないでしょうし、反対に目に悪影響を及ぼすかもしれませんので、その点も把握しておくことをオススメします。