視力回復で遠近トレーニングも効果的

視力回復で遠近トレーニングも効果的

目というのは、近くを見る時と遠くを見る時の目の使い方が異なります。なので、余計に目が疲れてしまうのです。目の疲れから視力の低下に繋がりますので、目を鍛える事、そして目周辺の筋肉をリラックスさせることが大切です。そのためには、遠近トレーニングが効果的ですので、今回紹介するトレーニング方法を参考にしてみて下さい。

ただ、遠くと近くを交互に見つめるというやり方でも良いのですが、より確実なのは、何か目標物を用意する事です。たとえば、鉛筆を目の前に用意してじーっと見つめた後、遠くの風景やカレンダーの文字などを見るというやり方です。

遠くというのはどの程度の距離かという事も気になるでしょうが、できるだけ距離が離れている方が効果は実感しやすいですから、意識してみて下さい。もちろん、室内の範囲内で良いですから実践しやすいでしょう。

また、爪に視力検査の時に利用するランドルト環を書き、それを目の前に持って来たり、反対に思い切り手を伸ばして離すというやり方を繰り返します。遠ざけた時に、ランドルト環がはっきりと見えなくても構いませんので、チャレンジしてみましょう。

この方法は、子供の視力回復トレーニング方法としても勧められています。手軽に実践できますし、子供でも大人でも効果的ですので、試してみて下さい。この方法はお金も掛かりませんが、これで効果が実感できなかった場合は、別の方法を試してみた方が良いでしょう。この方法は、目が疲れやすい人、目の筋肉が固まっている人などに向いています。目が疲れたと感じた時にも、リラックス効果が得られますので試してみて下さい。