視力回復のコンタクトであるオサートのデメリットを知ろう

視力回復のコンタクトであるオサートのデメリットを知ろう

視力回復ができるコンタクトとしてオサートがありますが、オサートというのは睡眠中に装着しておくことによって、起きた時に角膜の歪みが矯正されますので、大きなメリットがあると言われています。

しかし、視力回復のコンタクトであるオサートにも、デメリットはあります。どの方法も、メリットだけでなくデメリットも把握した上で実践することが、後悔しない上では大切な事です。では、具体的なデメリットについて紹介していきましょう。

まず、全国的にオサートを扱っているクリニックが少ないという特徴があります。なので、身近なところにクリニックが無い場合、オサートを扱っているところまで足を運ぶ必要があるのです。オサートは自分の角膜の形に合わせて作りますので、最初に作成する時、そしてそれを受けとりに行く時にクリニックまで行く必要があります。また、定期的にサポーとを受けることも、視力回復効果を得る上では大切なことでしょうから、通いやすい場所にクリニックがあるか否かを確かめることが重要です。

それから、オサートの費用は高めというデメリットもあります。40万円ほど掛かる事になるでしょうから、いくら視力回復ができると言っても抵抗がある人も多いのではないでしょうか。できるだけ安い費用で視力回復をしたい人には、デメリットだと言えるでしょう。残念ながら、保険も適用外となりますので、全額自費負担となります。

また、絶対に視力回復ができるとも言えないのです。これは実際に検査を受けてみなければ分からないでしょうし、使用してみなければ分からないこともあるはずです。高額な費用を支払ったにも関わらず、効果が得られないとなると落ち込む人も多いでしょう。その可能性についても考えておく必要があるはずです。

ただ、オサートの場合は強度近視や乱視、遠視、そして老眼にも対応していますので、オルソケラトロジーで効果が得られなかった人や、その他の視力回復方法で効果が得られなかった人にも向いているでしょう。まずは、身近なところにクリニックがあれば、そこで相談してみると良いのではないでしょうか。