視力回復した場合に運転免許はどうなるのか

視力回復した場合に運転免許はどうなるのか

運転免許をとる際に、眼鏡やコンタクトレンズを付けた状態で視力を測った人もいるでしょう。そうすると、運転免許証には「眼鏡等」という記載がされることでしょう。しかし、視力回復をしたことによって裸眼で生活できるようになった場合、運転免許はどうすれば良いのでしょうか。意外と、多くの人が疑問に思っている様です。

とは言っても、視力回復トレーニングなどの方法で、すぐに裸眼の状態で過ごせるほど視力が回復するとは限りません。なので、運転免許について考えるのは、実際に視力回復をしてからで良いでしょう。ただ、レーシックなどの方法の場合は短期間で視力が回復できますし、裸眼の状態で生活できるほど視力が回復する人が多いのです。レーシックなら一日、長くても数日間のうちに視力が回復するでしょうから、レーシックを受けるつもりなら、運転免許について調べておいた方が安心でしょう。

実際には、運転免許センターや警察署などで運転免許の条件解除の申請ができます。これをすることによって、眼鏡等という記載が外されますので安心して下さい。ほとんど手間も掛からず、あっという間に条件を変更してもらうことができるでしょう。ただし、実際には眼鏡等という記載が外れるのは次回の免許更新時であり、申請をした際には免許証の裏面に眼鏡等の条件解除が記載されるだけです。

ただ、申請をするのが面倒であったり、時間が無いという人は、裸眼の状態で運転しても良いだろうと思ってしまうこともあるはずです。しかし、そこで気を付けて頂きたいのは、眼鏡等の記載がある状態で裸眼の状態で運転をした場合に、違反として点数が引かれてしまったり、罰金ということもあり得るのです。万が一のことを考えるのであれば、裸眼の状態で運転できるようになった時点で、きちんと申請しておきましょう。

それに、運転免許の条件を解除するには、費用も一切掛かりません。後は運転免許証を持っていくだけで構いませんので、面倒だと思っている人も安心して下さい。視力が回復して裸眼の状態で過ごせるようになると嬉しいでしょうが、基本的には視力回復をするには時間が掛かるということを頭に入れた上でチャレンジしてみましょう。そして、裸眼で過ごせるようになった場合は、運転免許証の条件解除の申請を行って下さい。