立体視で視力回復ができるのは嘘なのか

立体視で視力回復ができるのは嘘なのか

立体視で視力回復ができるという話もありますが、立体視について調べていると、それで視力回復ができるというのは嘘という情報も見つかるかもしれません。しかし、実際に立体視を利用して視力回復できた人はいますので、全くの嘘というわけでは無さそうです。では、具体的に立体視で視力回復ができる理由について紹介していきましょう。

立体視には、平行法と交差法といった2つの方法があるのですが、平行法というのは、目を平行にした状態で、二つの画像を用意して、右と左の目で、それぞれ右と左にある画像を見るという至って簡単な方法です。簡単に思えるかもしれませんが、意外と最初は慣れないので大変だと感じる人が多いようです。

そして、交差法というのは、二つの画像を用意するところまでは平行法と同じですが、右目で左にある画像を見る、左目で右にある画像を見るといった方法です。これは、平行法よりも大変でしょうが、徐々に慣れてくるでしょうから、まずは毎日チャレンジし続けることが大切です。

結局、立体視で効果が実感できなかった人というのは、正しい方法が理解できておらず、間違った方法で実践している可能性があります。自宅で実践するからこそ、誰かにアドバイスを受けることもできませんので、やり方が間違ってしまうと、当然ながら効果は実感しづらいのが現状です。なので、まずは正しい方法を調べて理解した上で実践することをオススメします。

それから、視力低下の原因が他にある場合は、いくら立体視を利用しても視力回復できない可能性があります。自分の視力低下の原因を特定して、自分に合った視力回復方法を実践する必要がありますので、立体視では効果が実感できない人が居るのです。

なので、最初から嘘だと決めつけずに、まずは自分でも効果が実感できるのかどうか、ある程度長期的に実践してみてはいかがでしょうか。そうすれば、徐々に何らかの効果が実感できるかもしれません。立体視のようにトレーニングによる視力回復の場合は、どうしてもある程度の期間は効果が実感できるまでの時間が掛かってしまいますので、その点も理解しておく必要があるでしょう。