目薬による視力回復効果は一時的なの?

目薬による視力回復効果は一時的なの?

視力回復のために目薬を用いる人もいるのではないでしょうか。市販されている目薬を毎日のように使用している方もいるでしょうが、市販されている目薬でも、さした時には一時的に視力が回復したように感じる人もいるでしょう。視界がクリアになったと感じるのではないかと思いますが、残念ながらその効果は一時的です。但し、目に潤いを与えることは大切であり、ドライアイから視力低下を招くこともありますので、視力低下を予防するために目薬を使用することをオススメします。

また、眼科では視力回復効果が得られるとされるミドリンMが処方される事もあります。この目薬は市販されているものとは効果が異なり、目のピントを調節する機能を果たしている毛様体筋などの部分に働きかけ、リラックス効果が得られると言われています。しかし、神経を麻痺させることで強制的にリラックス効果が得られるため、使用した直後はしばらくピントが合いづらい状態となりますので注意が必要なのです。このような危険性もありますので、就寝前に使用することが勧められています。

このミドリンMというのも、効果は一時的ですが、毎日使用し続けることで毛様体筋などの目の周辺の筋肉のコリなどを解消し、視力回復効果が期待できるとも言われています。但し、市販されておらず眼科で処方してもらう方法しかありませんので、面倒に感じる方もいるでしょう。また、そこまで高い視力回復効果が得られるわけではないため、その点は理解した上で、あくまで目が疲れやすい方などが使用する程度に把握しておいた方が良いかと思います。

また、少しでも早く効果を実感したいからといって、医師の指示を守らずに自分で勝手に何度も使用するのは避けましょう。神経を麻痺させる働きがありますので、頻繁に使用するのは良くありません。きちんと医師の指示を守って使用し、視力回復に努めましょう。それから、目薬を使用するだけでなく、トレーニングも併せて実践すると、より高い効果が期待できるはずですので検討してみて下さい。