ピンホールメガネで視力回復をする方法とは?

ピンホールメガネで視力回復をする方法とは?

ピンホールメガネを使用して視力回復する方法もありますが、一体どのような方法で実践するものなのでしょうか。

一般的に自宅で実践できる視力回復方法と言うと、トレーニングを想像する人が多いでしょう。しかし、トレーニングは意外と面倒に感じることもあるでしょうし、トレーニングをする時間がとれないという人もいるはずです。ピンホールメガネの場合もトレーニングではあるのですが、簡単に言うとそのメガネをかけた状態で過ごすだけで良いのです。やる事としては、普段自宅でしていることで構いません。たとえば、テレビを見たり読書をしたり…という至って普通のことで構わないのです。

では、なぜそれだけで視力回復効果が得られるのかというと、ピンホールメガネは小さな穴が空いているのですが、あらかじめ視界が狭まっていることによって目が疲れにくく、焦点が定まりやすいというメリットがあるのです。視力が低下している場合は目の機能も衰えがちですから、ピントを合わせづらくなってしまい、物をハッキリと見ることが難しいのです。しかし、ピンホールメガネを使用すれば視力が低い人でも比較的裸眼の状態でも物がハッキリと見えますので、楽に感じることでしょう。

ただ、トレーニングを初めて間もない頃は、ピンホールメガネを外してしまうと当然視力が低い状態になってしまいます。あくまでピンホールメガネを使用した場合に物がはっきりと見えるということになりますので、それは理解した上で使用しましょう。トレーニングを続けることで目をリラックスさせたり、目の機能を高めることができるため、徐々に視力回復する可能性はあります。レーシックのような即効性は期待できませんので、注意して下さい。ただ、レーシックのように手術をする危険性はありませんし、手軽に安価で使用できるというメリットはありますので、それを望んでいる人は試しに使ってみてはいかがでしょうか。多少は目が疲れにくくなったなどの効果が実感できるかもしれません。