視力回復のメガネ・ピンホールは老眼でも治るのか

視力回復のメガネ・ピンホールは老眼でも治るのか

視力回復方法の一つに、ピンホールメガネを使用する方法があります。ピンホールメガネを使用することによって目に入ってくる時の光が細く、少なくて済むことから、目に入ってきた光を自分自身で集める必要が無くなるというメリットがあるのです。そうすると、水晶体という部分がそこまで働く必要が無くなるため、焦点が合いやすくなると言えます。目の機能が衰えることによってピントが合いづらくなるものですが、ピンホールメガネの場合は小さな穴が空いていて、そこから物を見ることになります。実際に使用すると驚くかもしれませんが、裸眼の状態でもピントが合いやすいはずですから、老眼の人もまずは使用してみると良いでしょう。

しかし、老眼の場合は加齢によって目の機能が衰えているものなのです。なので、いくらピンホールメガネを使用したとしても裸眼の状態でもはっきりと物が見えるようにならない可能性も考えられます。でも、老眼も毎日トレーニングを続けることで視力が多少は回復するかもしれませんので、手軽なトレーニングですし、まずは毎日続けてみてはいかがでしょうか。

また、老眼の人が完全に視力回復に成功したという話は残念ながらあまり聞かれませんが、老眼の進行が止まったという話は結構聞かれます。なので、老眼の進行を止める目的で使用してみると良いかもしれません。ただし、視界が狭まるというデメリットもありますので、ピンホールメガネを使用した状態で外出するのは避けた方が良いでしょう。怪我に繋がる恐れがありますので、あくまで自宅でのトレーニングとして使用してみて下さい。また、あまりに長時間使用すると反対に目が疲れてしまうかもしれません。飽きずにトレーニングを続けるためにも、1日○分という形で時間を決めて、その時間だけ毎日実践するようにすると飽きずに続けられる可能性もあります。

老眼を矯正する方法は多々ありますが、ピンホールメガネならお金を掛けずに自宅でトレーニングすることができますので、検討してみて下さい。また、今は老眼ではないという人も、老眼の予防のために使用してみるのもオススメです。