視力回復のトレーニングでピント機能を高めよう

視力回復のトレーニングでピント機能を高めよう

視力回復のトレーニングをする場合、目のピント機能を高めることが大切です。最近、遠くを見る時、近くを見る時に文字などがぼやけやすくなったと感じることは無いでしょうか。その場合は、もしかすると目のピント機能が衰えているのかもしれません。そこで、視力回復のトレーニングで目のピント機能を高める方法について紹介しましょう。

手軽に自宅で実践できるトレーニング方法ですが、簡単に言うと近くと遠くを交互に見るという方法です。まず、自分の親指を自分の目の前に見えるように置いて、遠くにはポスターやカレンダー、時計などの目標となる物を置いておきましょう。近くと交互に目標となるものを用意したら、後はそれを両目で交互に見比べるだけです。近くの親指をじーっと見つめたら、今後は遠くにある目標となるものをじーっと見つめる…という方法を繰り返しましょう。ただ、ボーッと見るだけでは意味がありませんので注意して下さい。目のピント機能を高めるためには、目をきちんと使うことが大切です。焦点を合わせるようにトレーニングを行って下さい。

また、この方法は自宅で実践するだけでなく、外で実践することもできます。近くには先程と同じように手を見つめるようにして、遠くを見る際には目標となるビルや看板、山などを見るだけでも良いでしょう。特に山などの緑を見ることはリラックス効果を得ることにも繋がりますので、一石二鳥ではないでしょうか。常に意識して、目のピント機能を高めるトレーニング方法を試してみて下さい。トレーニングは毎日実践することが大切ですが、できれば1日に何度か実践してみましょう。

それから、何も用意しなくても実践できる簡単なトレーニング方法もあります。自分で意識して目のピントを合わせようとする人は少ないかもしれませんが、視力回復効果を得たいのなら、意識して目のピントを合わせるようにしてみましょう。ボーッとしていると視界がぼやけてくるでしょうが、反対に目のピントを合わせるように意識して、色々なものを見てみましょう。ピントが合ったらそこから目をそらして、またピントを合わせる…という方法を繰り返します。これなら短時間で、どこでも実践することができます。