ボクサーの視力回復に向いている方法とは

ボクサーの視力回復に向いている方法とは

ボクサーは非常に目を使う職業ですので、視力が低下した場合はすぐにでも回復した方が良いでしょう。視力の低下がどんどん進んでしまえば試合にも悪影響を及ぼす可能性が考えられます。

では、ボクサーが視力低下してしまった場合、どのような視力回復方法が向いているのでしょうか。一般的には、レーシックなら短期間で視力回復できるというメリットがありますので、即効性を期待するボクサーに最も適しているのでは?と思うでしょう。一般的にはレーシックが失敗する可能性は低いとは言われているものの、絶対に失敗しないとは言えません。特に、医師の腕が悪い場合は失敗する可能性が高まりますので注意が必要です。また、ドライアイになるなどの危険性もありますので、目を使う機会が多いボクサーには不向きだと言えるかもしれません。

なるべくリスクを少ない方法を希望するのなら、オサートという方法が良いのではないでしょうか。オサートも最新の視力回復方法だと言われていますが、寝ている間に特殊なコンタクトレンズを装着することによって角膜の屈折率を矯正して視力回復効果を得る方法なのです。起きた時にコンタクトレンズを外すと屈折率は正常に戻っていますので、裸眼の状態で過ごすことができます。日中裸眼の状態で過ごすことができるのなら、ボクサーも安心できるはずです。また、即効性もありますので、使用し始めてからすぐに視力回復効果が得られるのです。ある程度の期間は毎日寝る時に装着する必要があるものの、寝ている間に装着するだけで良いのでほとんど手間が掛からずに済みます。

ただし、オサートの場合は値段が高いというデメリットがあります。40万円ほど掛かってしまうため、費用に抵抗を感じるのなら、リスクが低くて手軽に実践できるトレーニングなどの方法も検討した方が良いかもしれません。それぞれの方法がメリット、デメリットがありますが、ボクサーの方はなるべく仕事に支障をきたさないことを重視することをオススメします。