視力回復方法であるベイツメソッドについて

視力回復方法であるベイツメソッドについて

視力回復方法として、ベイツメソッドというものがあります。ベイツメソッドというのは何かと言うと、トレーニング方法の1つであり、目の周辺にある筋肉を柔らかくする、リラックスさせることで視力回復効果を得るという方法になります。目の周辺には、6種類もの外眼筋があるのをご存知でしょうか。詳しくは、上斜筋・上直筋・内直筋・総腱輪・下斜筋・下直筋・外直筋となります。これらが目の周辺に存在することで柔軟性が保たれ、近くや遠くにピントを合わせることができるのです。

しかし、目周辺の筋肉が緊張状態にあるとピントが合いにくくなってしまい、視力が低下してしまうのです。また、筋肉が固まって目周辺の血流が悪化することで、視力が低下するとも考えられています。ベイツメソッドの場合は、目への血流を妨げないように、そして筋肉の緊張を失くすトレーニングなのです。このようなトレーニング方法であればリスクも少なく、手軽なトレーニングを毎日実践するだけで済みますので、リスクが少ない方法を好む方に向いているのではないでしょうか。

ベイツメソッドにはいくつかの方法があります。日本でもいくつかの方法が紹介されているのですが、いずれにしても目周辺の筋肉をリラックスさせるための、目を動かすだけで済む方法ですから簡単でしょう。やはり視力回復をするには毎日トレーニングを実施する必要がありますので、ベイツメソッドの中でも手軽に実践できるものを選びましょう。

また、簡単に実践できるベイツメソッドの方法として五大基礎訓練があります。これは、3秒に1回まばたきを実践して、目をリラックスした状態でペンの先をジーッと見る、狭い範囲の2点を見比べるなどの方法です。一つひとつの方法を見ると、本当に簡単に短時間で実践できるでしょうから、実践してみたいという人は多いのではないでしょうか。効果が無いと思うかもしれませんが、ベイツメソッドは特に目を酷使する機会が多い人に向いている、効果的な方法ですので、自分が当てはまると思うのであれば実践してみて下さい。