視力回復は図形を見るだけでも可能なのか

視力回復は図形を見るだけでも可能なのか

視力回復は図形を見るという方法もあります。図形と言ってもただの四角や丸などの形を見るのではなく、視力回復に効果のある図形を見る必要があります。たとえば、マジカルアイという方法がありますが、マジカルアイの場合は特殊な画像を見ると図形が浮かび上がってくるという仕組みです。最初から図形が浮かび上がって見えるわけではなく、目を特殊な使い方をすることによって徐々に図形が浮かび上がってきます。この目の特殊な使い方をすることによって目周辺の筋肉を鍛えたり、目をリラックスさせる効果がありますので、視力回復にはピッタリなのです。

また、2つの図形や画像などを用意して、少し離れた位置に置き、右目で左の画像と、左目で右の画像を見るという方法もあります。これを交差法と言いますが、目を交差することによって普段は使う機会が少ない目の周辺の筋肉に働きかけることができますので、視力回復効果が期待できます。

今回紹介した2つの方法ですが、マジカルアイの場合はマジカルアイの画像ばかりを集めた本なども出版されていますし、画像であればインターネットで検索するだけで見つかるでしょうから、後は印刷して準備するだけで済みます。ほとんどお金を掛けずに実践できますので、試してみてはいかがでしょうか。いわゆる視力回復トレーニングという方法になりますが、トレーニング方法の中でも手軽に実践できますし、効果も期待できるはずです。やはり視力回復は楽しく実践できる方が長続きしやすいでしょうが、図形を見るという方法であれば楽しみながら実践できますよね?特にマジカルアイの場合は図形が浮かび上がるという特殊なものですし、様々な画像を用意しておけば何が浮かび上がってくるのかワクワクしながら試せるのではないでしょうか?

しかし、絶対に視力回復効果が得られるとは限りませんので、それでも効果が実感できない場合は他の視力回復方法を試してみるのも良いでしょう。ただ、1つの方法を3ヵ月程度は続けてみないと効果が得られるか否かが判断しづらいはずですから、ある程度の期間は続けてから判断してみましょう。