視力回復の原理とは?

視力回復の原理とは?

視力回復ができると言われる方法はいくつか挙げられますが、なぜそのような方法で視力回復が可能なのか原理を知りたい人も多いはずです。結局、原理が明確でないのなら、視力回復ができない可能性もあるでしょう。本当に視力回復効果が得られる方法であれば、原理の説明が付くはずです。

では、なぜ視力は低下するのかと言うと、目を酷使することによって目の周辺にある毛様体筋という部分が緊張状態になり、固まってピントが合いづらくなる場合があります。目は遠くを見たり近くを見たりする時に、毛様体筋によってピントを合わせていますので、緊張状態にあることで視力が低下するのは当然だと言えるでしょう。

このようなことが原因で視力が低下している場合、毛様体筋の緊張をほぐす方法であれば、視力回復効果が期待できるのです。他の部位で考えると分かりやすいでしょうが、筋肉が硬くなってしまった部分でも、体を柔軟に保つストレッチなどを続ければ、徐々に筋肉の緊張がほぐれてリラックス効果が得られるものです。目の場合は手でマッサージすることはできませんが、毛様体筋をほぐす目のストレッチ方法などはありますので、視力回復が有効なのです。

また、年齢を重ねるにつれて、毛様体筋やその他の機能の働きが衰えてしまう場合もあります。その場合は、毛様体筋などを鍛えるトレーニングを実践することができれば、目の周辺にある筋肉の老化を防げるため、視力回復効果が期待できるというわけです。

場合によっては目の血行が悪化していたり、ドライアイによって視力が低下することもあります。そのような時にはストレッチによって血行を促進したり、ドライアイを解消する目薬などを使用する方法もありますので、様々な方法によって視力回復効果が期待できるのです。

しかし、誰がどのような方法を実践しても視力が回復するわけではありません。自分の原因に合った方法でなければ意味がありませんので、その点を理解した上で、自分に最も適していると思われる方法を試してみて下さい。