視力回復の凝視訓練とは

視力回復の凝視訓練とは

視力回復方法の1つとして、凝視訓練があります。これはその名前の通り、どこかを凝視することによって視力回復効果が得られますので、非常に手軽な方法だと言えるでしょう。

凝視訓練にも色々なやり方があるのですが、たとえば室内で実践できる方法もあります。部屋の端から端ぐらいを見渡せる位置に立ち、遠くに目標となる絵や文字などを貼る、もしくは置いておきます。その上で、目の前に指を1本立ててジーッと見つめ、今度は部屋の端にある目標となる絵や文字などを見つめます。このように、遠くと近くを交互に見つめる方法が、視力回復にピッタリなのです。目の周辺にある毛様体筋という部分を刺激したり、鍛えたりすることができますので、できれば毎日実践してみましょう。

また、部屋の壁にカレンダーなどを貼り、それを遠くから一生懸命眺める方法もあります。この方法を実践する時は、両目を使うのではなく、視力検査をする時のように片方の目ずつ見るようにした方が効果は高まります。視力が低い人は遠くからだと数字が見えにくいかもしれませんが、多少ぼやける位置からで構いませんので、できるだけ離れた位置から訓練を行って下さい。

何かをじっと見つめるのは目に悪いのではないかと思われがちですが、正しい眼の使い方をすれば、滅して悪い事では無いのです。むしろ、視力回復方法として実践することもできますので、メリットは大きいと言えます。特に子供の場合はレーシックなどを受けることもできず、視力の低下で悩まされることもあるでしょう。そのような時には、このような凝視訓練を実施して、なるべく子供が飽きずにチャレンジできる方法を探してみましょう。

子供の場合でも、先ほど紹介したようなトレーニング方法は実践しやすいでしょう。それでも効果が実感できないようであれば、子供でも楽しめるマジカルアイなどの方法もあります。子供も大人もできるだけ楽しみながら視力回復ができるように、心がけてみて下さい。そうすれば、徐々にでも効果が実感できるのではないでしょうか。裸眼とまではいかなくても、コンタクトや眼鏡の度数を上げることができるようになる可能性は充分に考えられます。即効性が期待できなかったとしても、続けることで視力低下が防げるなどのメリットもありますので、検討してみて下さい。