視力回復に効果的な涙の仕組み

視力回復に効果的な涙の仕組み

誰でも涙を流すことはあるでしょうが、実はこの涙は視力回復に欠かせない存在でもあるのです。

涙には、いくつかの役割があります。まずは、涙によって目の表面に水分がある状態になるため、目の乾燥を防ぐことができます。また、角膜に対して栄養や酸素を補うという重要な役割も果たしています。また、目の表面に汚れやほこりなどが付着した時に、涙によって洗い流す効果も期待できます。目の表面を滑らかにすることで、光りの屈折率を正常にして、ピントが合いやすくするという効果もあります。

涙があることで、目を守ることができます。それに、目には必要な栄養素などもありますが、涙によってそれを補うこともできるのです。まばたきをする時に涙によって目の表面に様々な効果が与えられますので、できるだけ頻繁にまばたきをすることが大切です。

現代ではドライアイで悩んでいる人が増えているのですが、ドライアイは目が乾いてしまう状態を指します。つまり、涙の量が少ないために、目が乾燥してしまうのです。それを防ぐには、涙によって目に潤いを与えることが大切です。

涙が不足しているようであれば、眼科を受診して目薬を処方してもらう方法もあります。目の渇きを放置するのはオススメできません。市販の目薬でも良いのですが、それよりは眼科で処方してもらった方が目薬の効果は期待できますし、ドライアイの治療を受けることもできるでしょう。特に目を酷使する機会が多い人は、目が乾きやすいですから、ドライアイのような症状が現れているのなら、早めに対策をとることをオススメします。

実は、視力低下の原因はムチンの不足である可能性があるのです。眼科では、ムチンの分泌を促進する目薬を処方してもらうことも可能です。ムチンはタンパク質の一種であり、目の凹凸を改善する効果が期待できますので、視力回復効果が期待できます。ドライアイの場合は、このムチンの分泌を促進する目薬が処方される場合が多いですから、医師に相談してみましょう。