視力回復方法であるワックについて

視力回復方法であるワックについて

視力回復方法として、ワックがあります。一般的に、眼科では視力回復をすることはできませんが、ワックに対応している眼科はあるのです。

ワックは両眼視簡易検査器とも言いますが、このマシンの中をのぞくと風景が映し出される仕組みになっています。この風景画像を5分間眺めるだけで、視力回復効果が期待できますので、手軽でリスクが少ない方法だと言えるでしょう。

なぜ風景を眺めるだけで効果が期待できるのかというと、目の周辺にある毛様体筋という部分を刺激したり、目をリラックスさせる効果が期待できるのです。また、眼精疲労の解消にも効果を発揮しますので、目を使う機会が多い人に向いている方法です。

そもそも、なぜワックと言うのかというと、このマシンを製造した会社がワックという名前なのです。一般的にはワックという名前で広まっていますが、眼科に行く時はワックでは無く、機器名で紹介されることが多いでしょう。今までに眼鏡やコンタクトを作ったことのある人は、ワックを使用した経験があるのではないでしょうか?

ただし、ワックを1度使用したからといって、すぐに視力が回復するわけではありません。効果を期待するのなら、定期的に実践する必要があります。また、本来は検査に使用するために使用するマシンでもありますので、視力回復の目的で利用できない可能性もあります。

たとえば、眼鏡を作る際に目の緊張をほぐす目的で使用する場合もあるのです。目の緊張をほぐした上で検査をすれば、自分の正確な視力に合ったメガネやコンタクトを作ることができるでしょう。

いずれにしても、まずはワックが試せるのかどうか、身近な眼科に確認してみると良いでしょう。もしかしたら、対応していない可能性も考えられます。その他に、眼科ではミドリンという視力回復に効果的な目薬を処方してもらう方法もありますので、ワックと併用したり、ワックが使用できない場合にミドリンの利用を検討すると良いでしょう。