老眼鏡による視力回復は近視にも有効?

老眼鏡による視力回復は近視にも有効?

老眼鏡を使用した視力回復方法がありますが、老眼を使用した視力回復は近視にも有効です。近視の予防・改善に効果的な理由について詳しく紹介しましょう。

老眼鏡を使用すると、水晶体の役割を助けてくれますので、ピントが合いやすくなるというメリットがあります。近視が進行すると、自分で水晶体の厚みを調整するのが困難になり、ピントが合いづらくなるのです。その助けとなるのが老眼鏡ですから、近視が悪化させないようにサポートとして利用すると良いでしょう。

毛様体の緊張によって視力が低下してしまうこともありますが、老眼鏡を使用することで、毛様体筋の緊張を緩めることができます。

では、老眼鏡はどのようにして手に入れれば良いのでしょうか。老眼鏡は高価なものというイメージがあるかもしれませんが、視力回復のために購入するのであれば、安いもので構いません。たとえば、100円均一などで販売されているものでも効果は期待できますので、探してみて下さい。

実際に100円ショップなどに行くと分かるでしょうが、度も様々ですので、選ぶ際に悩んでしまうかもしれません。度数は+0.250.5程度が良いですから、試してみて下さい。

ただ、目に合わないものを使用すると余計に視力が低下することも考えられますので気を付けて下さい。目に合わないと感じた時には使用を注意して、眼鏡屋さんで相談してみましょう。視力回復のために老眼鏡を…というと対応してもらえない可能性も考えられますが、相談してみると価値はあるでしょう。

また、毎日あまりにも長時間使用するのも良くありませんので、1回につき15分間程度、意識して実施してみて下さい。それにより、視力低下が防げたり、視力回復効果が得られる可能性があります。ただ、その場合もある程度長期間掛かる可能性がありますので、毎日根気強く続ける必要があります。できれば、その他の方法と併用しながら実践してみてはいかがでしょうか。無理の無い範囲で、簡単に実践できる方法と組み合わせてみましょう。