視力回復に老眼鏡を使用する方法

視力回復に老眼鏡を使用する方法

高齢になり、老眼になってしまって近くが見えづらくなった場合に使用することが多いのが老眼鏡でしょう。老眼鏡は高齢者が使用するものというイメージがあるかもしれませんが、実は視力回復に利用する方法もあるのです。

一般的には、視力回復に眼鏡を使用するのは避けた方が良いと言われています。眼鏡を使用すれば、近くでも遠くでも色々な物、文字が見えやすくなるというメリットがあります。しかし、眼鏡を使うことで簡単に見えれば、目が機能する必要が無くなるのです。そうすると、徐々に目の機能が衰えてピントがあいづらくなるというデメリットがあるため、視力回復をしたいのであれば、できるだけ眼鏡やコンタクトレンズは使用せずに、裸眼を使用した方が良いのです。

では、なぜ老眼鏡が効果的だと言われているのかというと、老眼鏡を使用することで目をリラックスさせることができるからです。老眼鏡を使用した状態で遠くを見ることにより、目の周辺にある毛様体という筋肉の緊張がほぐれるというメリットがあります。その上、眼軸が伸びきってしまうことも無くなりますので、視力回復に効果的なのです。

やり方は非常に簡単で、老眼鏡を使用して10分間遠くを見るだけです。遠くというのは、3mほどで構いませんので、自宅でも実践できるでしょう。老眼で無い人は老眼鏡を持っていないでしょうが、100円均一などでも販売されていますので安心して下さい。わざわざ本格的な老眼鏡を購入する必要はありません。

また、トレーニングはお風呂上がりに実践するのがオススメです。お風呂上がりは全身の血行が促進された状態なのですが、眼の血行も促進されていますので、トレーニングをするのに最適な時なのです。毎日お風呂上がりに老眼鏡を使用し、遠くを見るだけで構いませんので、誰でも実践できるでしょう。まずは老眼鏡を準備して、ボーッと遠くを見るという方法を実践してみて下さい。徐々に視力が回復するかもしれませんし、視力低下を防ぐことにも繋がります。