視力回復のコンタクトレンズは老眼でも大丈夫?

視力回復のコンタクトレンズは老眼でも大丈夫?

最近話題となっているのが、視力回復ができるコンタクトレンズでしょう。オルソケラトロジーやオサートという商品がありますので、みなさんも1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。テレビでも紹介されているほど、効果が期待できる視力回復方法だと言われています。

そんな視力回復のコンタクトレンズは老眼でも使用できるのか?という疑問も湧いてくるでしょう。結果から言うと、老眼の状態でもコンタクトレンズを使用することで視力回復ができる可能性はあります。ただ、老眼の場合は屈折率の異常というよりは、目の周辺の筋肉の衰えなども原因であるため、角膜の屈折率を矯正するコンタクトレンズは効果が現れない可能性も考えられます。

また、普通のコンタクトレンズに比べると値段が高いというデメリットもあります。数万円程度で購入できるのなら検討する人も多いでしょうが、30万から40万円しますので、抵抗を感じる人もいるはずです。その上、老眼で効果が無い可能性があるのなら、他の方法を検討した方が良いかもしれません。

老眼にも効果的な視力回復トレーニング方法もありますし、レーシックのような手術による方法の中には、老眼にも効果的な種類があります。眼内レンズを入れる方法になるため、リスクを伴いますし費用もある程度掛かりますが、効果はコンタクトレンズよりも期待できますので検討してみると良いでしょう。

老眼の場合は年齢によるものですから、避けられない人が多いはずです。老眼鏡を使用するのは避けたい…と思う人は、まずお金を掛けずに実践できる視力回復トレーニングから始めてみてはいかがでしょうか。毎日実践していれば、少なくとも視力の低下を防ぐことはできますので、安心して下さい。

どうしてもコンタクトレンズに興味があるのなら、扱っているクリニックなどに電話などで老眼でも効果があるのか相談してみると良いでしょう。それで効果がありそうだと感じたら、実際にクリニックに足を運んで、詳しい話を聞いてみてはいかがでしょうか。