視力回復の手術でレンズを利用する方法

視力回復の手術でレンズを利用する方法

手術をすることにより、視力回復ができるレーシックのような方法は有名ですので、多くの方がご存知でしょう。しかし、レーシックは角膜を削る必要があるため、角膜が薄い人は手術が受けられない可能性があります。そのような場合は、視力回復の手術の中でも、レンズを埋め込む方法もあるのです。

これはどういうことかと言うと、簡単に言えば目の中にコンタクトレンズや眼鏡のレンズを入れる手術になります。目の中に入れることにより、取り外す必要も無く、安全性が高いですから、何もケアする必要はありません。

眼鏡のように激しい運動をした時に外れてしまう可能性はありませんし、コンタクトレンズのようにゴミが入った時に取り出すのが面倒であったり、夜や朝に付けたり外したりする必要が無いため、非常に便利です。

怖いと思うかもしれませんが、レーシックに比べるとレンズを埋め込む方が角膜を削る必要が無い分、リスクが少なくて済むと言えるでしょう。また、レンズを埋め込む場合は、希望すれば再び手術をしてレンズを取り出すこともできます。

文章だけだとなかなか想像ができないかもしれませんが、最近はこのような視力回復手術を取り入れているクリニックは増えていますので、調べてみると良いでしょう。レーシックでは視力回復が困難だと判断された場合でも、レンズを埋め込む手術であれば受けられるかもしれません。

レンズを埋め込む手術の1つにフェイキックIOLがありますが、これは有水晶体眼内レンズとも言います。白内障も視力低下の原因となる病気の1つですが、フェイキックIOLは白内障の手術にも用いられていますので、安全性や効果が期待できるでしょう。

基本的には水晶体は取り出さず、そのままの状態で人工のレンズを入れることになるのですが、白内障の場合は水晶体がにごるため、取り出して眼内レンズを入れることが多いのです。

もちろん注意点もありますし、それなりに費用が掛かることですから、慎重に検討した方が良いでしょう。