視力回復ができるレンズで埋め込み型の方法

視力回復ができるレンズで埋め込み型の方法

視力回復ができるレンズで埋め込み式の方法があるのをご存知でしょうか。視力回復方法として人気が高まっているのがレーシックですが、レーシックの場合は、角膜にレーザーを照射し、角膜の歪みを矯正する方法なのです。しかし、この方法は近視の改善には効果的ですが、視力が低下している原因によっては、効果が実感しづらい場合もあるのです。そのような時はレーシック自体を諦めなければいけないかというと、そうではありません。

対処法の1つが埋め込み型の視力回復手術です。目の中に直接レンズを埋め込むことにより、常にコンタクトレンズを付けているような状態になるのです。コンタクトレンズのように外れる心配も無く、外す必要もありませんので、まるで裸眼で生活しているかのような、快適な生活を送ることが可能です。

埋め込み式の手術方法は、角膜内リング・角膜内レンズ・フェイキックIOLなどの方法があります。レンズを埋め込むと自分で外すことはできませんが、もう1度手術をすれば、レンズを取り出すことも可能です。そうすれば、元の状態に戻せますので、安心して手術に臨める人もいるのではないでしょうか。

もちろん、いずれの方法でも手術を受けることになるため、リスクは伴います。また、レーシックのようにある程度の費用が掛かりますので、事前に確認しておいた方が安心でしょう。

どこのクリニックでも対応しているわけではありませんが、最近は埋め込み式を導入しているクリニックも増えていますので、身近なところで対応しているのかどうか、確認してみて下さい。

方法によってはレーシックと組み合わせることも可能です。レーシックの場合は角膜を削る必要がありますが、角膜が薄い人はレーシックが受けられないこともあります。しかし、レンズを埋め込む方法であれば対応できる場合もありますので、医師に相談してみると良いでしょう。

埋め込むレンズについては、ソフトコンタクトレンズのように薄いものもあれば、ハードコンタクトレンズのように硬いものもあります。どれが自分に適しているのか、あらかじめ色々な情報を把握し、検討することが大切です。