3dによる視力回復方法の老眼に対する効果

3dによる視力回復方法の老眼に対する効果

3dを利用した視力回復方法もありますが、果たして老眼にも効果が期待できるものなのでしょうか。

そもそも、老眼の原因は何かと言うと、加齢によって水晶体の弾力性が失われるため、近くや遠くを見た時にピントが合いにくくなってしまうことです。そうすると、次第に新聞などを見た時に、文字が見えづらいと感じるようになるのです。目が疲れやすくなることから、肩こり・頭痛などの症状にも影響を及ぼしますので注意しましょう。

水晶体の弾力性が失われた場合、視力回復をするのは困難なように思えるでしょう。確かにその通りですが、回復させる方法はあります。

たとえば、視力回復のトレーニング方法の中には、ピントの調節機能を高めるのに効果的なものもあります。交差法というトレーニング方法もその1つなのですが、右目で左を、左目で右を見ることにより、視力回復ができるのです。このトレーニング方法によって、近くを見た時にピントが合いやすくなるため、老眼が改善されやすいと言えます。

では、3dによる視力回復方法はどうなのかというと、老眼に対しても効果は期待できます。立体視を利用した場合は、特殊な目の動きをすることによって、ピント調節機能を高めることが可能です。高齢の人は立体視のやり方が把握しづらいかもしれませんが、毎日実践していれば、コツを掴むことができるでしょう。

3dを利用すれば、楽しみながら視力回復が実践できる可能性があります。また、自然と水晶体を厚くする効果も期待できるため、老眼の回復にはピッタリです。ただし、確実に視力回復できるとは限りません。長い間老眼を放置していた場合は余計に効果が実感しづらいですから、あまり期待せず、毎日わずかな時間でも構いませんので、トレーニングを続けることが大切です。

それでも効果が無いようであれば、その他の方法を検討したり、眼内レンズを入れる手術方法を実践するなどの方法もありますので、諦める必要はありません。また、できるだけ老眼鏡は使用せずに、裸眼で見ようとする努力もポイントです。