視力回復のトレーニングで指を使った方法

視力回復のトレーニングで指を使った方法

視力回復トレーニングの中でも、特に道具などを準備することなくチャレンジしたい人も多いでしょう。それなら、指を使った簡単なトレーニング方法がありますので、ご紹介したいと思います。

まず、親指の爪にマジックでランドルト環を書きます。これは、視力検査でも用いられるCのようなマークです。そしたら、目の前に親指の爪を出して、爪をじーっと見つめます。5秒間キープしたら、今度はゆっくりと遠ざけて下さい。その間に目を離さないように注意して下さい。

一番遠くまで伸ばしたら、そのまま5秒間キープします。今度は反対に目の前までゆっくりと近づけて下さい。この方法を繰り返すだけですから、非常に簡単でしょう。あまり速く動かすと意味がありませんので注意して下さい。この方法なら時間も取られませんし、爪にマークを書くだけで始められますので、毎日でもチャレンジできるはずです。