3dの視力回復方法は乱視にも良い?

3dの視力回復方法は乱視にも良い?

視力回復方法の1つに3dを利用した方法もありますが、3dは乱視でも効果が実感できる可能性はあります。

乱視の場合も、水晶体や角膜の歪みによって視界がぼやけてしまうことを指しますが、3dによってピントを合いやすくすることはできます。ただし、レーシックや視力回復ができるコンタクトレンズのように、角膜の歪み自体を矯正できるわけではありません。あくまで、目の疲労回復などの効果が得られるだけですから、乱視の状態によっては、視力回復が困難な可能性もあります。

ですから、乱視で尚且つ目を酷使する機会が多い人は、目の周辺の筋肉が固まっていたり、疲労していたりすることがありますので、それを改善する目的で3dを利用してみると良いでしょう。

もしそれでも改善することが難しいようであれば、乱視にも効果的なトレーニング方法がありますので実践してみても良いですし、レーシックやオルソケラトロジー、オサートのような視力回復効果が得られるコンタクトレンズを使用してみると良いのではないでしょうか。

乱視を改善する方法も色々ありますので、諦める必要はありません。